ホーム 機関誌 中小企業いばらき 茨城新聞掲載 中央会ニュース 県内業界景気動向 情報連絡員レポート 会員組合照会・検索
トップページ > 中小企業組合士制度

中小企業組合士制度

中小企業組合士制度は、中小企業組合に従事する役職員等の資質の向上を図り、もって組合の健全な発展に資することを目的とし、その職務の遂行に必要な知識に関する試験を行い、試験合格者の中から3年以上の実務経験を有する者に対し、中小企業組合士の称号を与える制度です。

詳細につきましては、以下をご覧ください。

令和4年度中小企業組合検定試験のご案内
~中小企業組合検定試験を受けて中小企業組合士になろう~

中央会では、令和4年度中小企業組合検定試験の願書受付を開始しました。
本年度の試験概要は次のとおりです。ぜひ皆様のチャレンジを期待しています。

■試 験 日   令和4年12月4日(日)

■試 験 地   水戸市(茨城県産業会館)ほか全国で18カ所

■試験科目   ①組合会計 ②組合制度 ③組合運営

■受 験 料   6,600円(消費税込み)
        ※一部科目免除者は5,500円(二科目受験)、4,400円(一科目受験)

■願書締切   令和4年10月14日(金)

■願書提出先  本会及び最寄りの都道府県中央会

■お問い合わせ 中央会支援課 ☎029(224)8030 まで