ホーム 機関誌 中小企業いばらき 茨城新聞掲載 中央会ニュース 県内業界景気動向 情報連絡員レポート 会員組合照会・検索
トップページ > 中央会の概要 > 会長挨拶

会長挨拶

茨城県中小企業団体中央会会長 新年あけましておめでとうございます。
 平成31年の年頭にあたり、会員並びに関係者の皆さまに謹んで新年のご挨拶を申しあげます。
 昨年を顧みますと、我が国の経済は、雇用・所得環境の改善傾向が続くなかで、各種政策の効果もあって、緩やかな回復基調が続きました。しかし、幅広く景気回復を実感するには至っておらず、県内の中小企業・小規模事業者の多くは、人手不足の深刻化や働き方改革への対応などによる労務コストの上昇、原材料費の値上がりなどで収益改善が進まず、依然として厳しい状況が続いています。
 先行きについては、米国と中国をはじめとする通商問題が世界経済に与える影響や、海外経済の不確実性に加え、本年10月から予定されている消費税率の引上げによる国内景気の後退が危惧されています。 このような状況の中で、地域の経済と雇用を支える中小企業・小規模事業者は、経営基盤を強化し持続的な成長に向けた取り組みが求められています。そのためには、個々の事業者の努力が何よりも大切ですが、個々の企業努力では解決困難な問題については、中小企業組合をはじめとする連携組織の機能を最大限に活用して、解決を図っていくことが極めて有効です。
 本会といたしましては、本年も中小企業組合等連携組織の専門支援機関として、連携組織化の推進をはじめ連携組織の拡充強化に努めてまいります。また、早急な取り組みが求められている事業承継対策、生産性向上、人材の育成・確保をはじめとする諸問題につきまして支援を強化し、中小企業・小規模事業者の持続的な成長と本県経済の発展に寄与してまいります。
 新たな年を迎え、決意を新たに「信頼される中央会」をスローガンに総力を挙げて支援活動に取り組んでまいりますので、皆さまの一層のご支援ご協力を心からお願い申し上げます。 本年が皆さまにとりまして、大いなる飛躍の年となりますことを心からご祈念申し上げまして、年頭のご挨拶といたします。

                    平成31年  元 旦
                    茨城県中小企業団体中央会
                    会 長  渡 邉   武