backnext
防護柵部会皆さんのいのち身体を守る防護柵
私達は防護柵設置のプロです。卓越した技術で施工します。日々技術の研鑚に努めております。

活動目的
1.組合員の技術の向上
2.防護柵の調査、設計
3.技術向上の研修
防護柵
防護柵の種類
1:ガードレール
 適度な鋼製とじん性を有する波形断面のビームおよび支柱によって構成し、車両衝突時の衝撃に対して、ビームの引っ張りと支柱の変形で抵抗する防護柵です。破損箇所の局部取替えが、容易であり、設置箇所によっては視線誘導の効果が大きです。ガードレール
2:ガードパイプ
 適度な鋼製とじん性を有する複数のパイプのビームおよび適度な剛性とじん性を有する支柱により構成し、車両衝突時の衝撃に対してビームの引張りと、支柱の変形で抵抗する防護柵です。ガードレールに比べ快適展望性においてすぐれているが、視線誘導の効果、施工性は劣ります。ガードパイプ
3:転落防止柵
 歩行者、自転車等の路外への転落防止を目的として、設置する歩行者自転車用柵は、その設置の有無により歩行者等の人的被害につながるため、危険度を判断できない幼児など、あらゆる道路利用者を考慮して設置をおこないます。
 歩行者等の転落防止を目的として設置する柵のため、路面から柵面の上端までも高さは110cmが標準とします。
転落防止柵
4:横断防止柵
 一般に、交通量の多い道路で、歩行者等が横断歩道以外の場所を横断することは、歩行者などにとって危険であるばかりでなく、運転者が横断する歩行者等をみて急激な停車・車線変更をすることなどから車両間の事故を引き起こすおそれがある区間に、設置します。
 歩行者等の横断防止などを目的として設置する柵のため、路面から柵面の上端までの高さは70〜80cmを標準とします。
横断防止柵
5:その他
5−1 フェンス
メッシュパネルフェンスネットフェンス
メッシュパネルフェンスネットフェンス
高尺バックネット縦格子フェンス
高尺バックネット縦格子フェンス
5−2 景観材
高欄タイプ
 高い剛性とじん性を有する複数の丸型または角型のパイプのビームと支柱により構成し、車両衝突時の衝撃に対してのビームの曲げおよび支柱の構成で抵抗する防護柵です。
 橋梁、高架部などの美観が求められる区間でも使用が多いです。
高欄タイプ高欄タイプ
擬木柵
擬木柵
ガードホン
 暮らし良い街づくりに音響面から貢献するガードホンは、高速道路などの騒音をスマートにカットする高性能防音壁です。美しいカーブ表現や、シンプルな忍び返し、光を妨げない透光板、カラフルな外装板など、景観に合わせた多様なスタイルに対応します。
ガードホン
連続したイラスト図案例
カエルツル
カエルツル
交通安全
交通安全交通安全交通安全交通安全
home