back next
 
   建設業の中でも、交通安全施設業は、道路に付帯する一部の分野で、資本力が弱く、かつ小規模企業で、固定経費の多い業種であります。特に、雇用労働条件の改善対策、人材確保対策と技能労働者高齢化対策等、多くの課題を抱えており、現在の事業量では、採算ラインを下回る受注量であって、経営の安定化を図ることが、困難な状況にあります。
 かかる現状を踏まえ、我々交通安全施設工事業者は、協同組合を通じ交通安全施設工事の共同受注事業を推進する為、あらゆる公的機関に対して、交通安全施設工事の分離発注を要望するとともに、建設業の中においての交通安全施設業の地位向上、そして、組合員相互の経済的地位の向上と社会的地位の確立を図ることを目的に、中小企業等協同組合法に基づく協同組合を設立し、現在活動して居ります。
 
●名  称 茨城県交通安全施設業協同組合
●地  区 茨城県一円
●事務所の所在地 茨城県水戸市東赤塚2167番地4
●組合員たる資格 本組合の地区内において、建設業法に基づく許可を受けて、交通安全施設工事の設計施工を行う事業者とする。
 
●共同受注斡旋事業 この事業は、組合員の取り扱う交通安全施設工事に関する受注を組合が、斡旋することにより行い、特に、茨城県内における官公庁並びに、国土交通省他発注の交通安全施設工事の分離発注の促進を図る為、受注斡旋活動を行う。
●共同購買事業 この事業は、組合員の需要に応じて、交通安全施設工事用資材を組合が、購入し、組合員に供給することにより行う。
●路線調査の共同受注、斡旋事業 この事業は、組合員の行う交通安全施設に関する路線調査の共同受注、斡旋活動を行う。
●団体協約締結の事業 この事業は、組合員の経済的地位の安定を図る為、交通安全資材卸売り業者との団体協約を締結する。
●福利厚生に関する事業 この事業は、慶弔規定を作成し、組合員相互理解と信頼関係の増進に努める。
組合員名簿   賛助会員名簿   協賛会社名簿 
 
■名称 茨城県交通安全施設業協同組合(略称:県交安協)
■所在地
茨城県水戸市東赤塚2167番地の4
TEL 029−254−4649
FAX 029−254−4693
■組合員数 正組合員 20社 賛助会員 10社 協賛会社 2社
■設立年月 平成6年(1994年)7月
 
将来ビジョン(事業構想)について
イメージチャート
 交通安全対策特別交付金の流れ
 
 交通安全対策特別交付金の制度は、反則金収入に相当する額を重点的、効率的に交通安全施設の設置に使用し、その急速な整備を図ることを目的として昭和43年に創設されています。
 交通安全対策特別交付金の流れは、国において収納された交通反則金について、当分の間、交通安全対策の一環として、反則金の収入に相当する額を特別交付金として都道府県、市町村に交付し、道路交通安全施設の設置と管理に要する費用に充てることとするものです。
home